博多霊苑 福岡県粕屋郡の霊園・お墓(公園墓地)
福岡市内より車で約30分

メニュー
  • 永代供養墓
お問い合わせ・資料請求・見学予約はこちら
092-933-0005アクセス
営業時間 9:00~17:30 (水曜定休)
※詳しくは霊苑概要をご覧下さい

お知らせ

2019年02月01日コラム

お墓の窓口”安心できるお墓探し”

”お墓の窓口” 開設致しました。

皆様がご相談になられる内容を詳しくご説明致します。

気になるキーワードをクリックやタップして内容をご覧ください。

生前で建墓するには?   〇お墓のお引越しはどうすれば?

樹木葬や骨仏や合葬墓の違いを教えて下さい。

故郷のお墓をしまって新しく福岡にお墓を建てたいのですが・・

納骨堂を探してるのですが・・・

宗派が問題でお寺様では契約が出来なかった・・・

夫婦だけで入る墓・一人だけで入る墓を探してます。

〇博多霊苑に行って直接相談したいのですが・・

こちらをクリックで博多霊苑への行き方をご覧ください。グーグルマップが開きます。

お墓の相談会で多く頂いたご相談内容として

最近は終活の一環として、ご自身に何かあった時にご家族様に負担がかからないようにお元気な内にお墓を探されたり、遠方にあるお墓になかなかお参りが出来ないのでお住いの近くに移転するために納骨堂を考えられたりと、動機やきっかけは様々ですがこのようなご相談をいただく事が大変多くなってまいりました。

その中で『お墓』と『納骨堂』。

この二つを比較してお考えになる方はとても多くいらっしゃいます。

ただ「なぜお墓(納骨堂)が納骨堂(お墓)よりもご自身達に合っているのか」をハッキリとおっしゃることができる方はごく少数になります。

なぜかというと『お墓』と『納骨堂』について違いをご存じない方がほとんどだからでしょう。

ですので、このコラムはどちらがご自身たちに合っているかを知っていただけるきっかけになればと思いまとめさせていただきました。

 

20180421gousibo

 

 

承継者(お墓を継ぐ方)はいらっしゃいますか?

まず承継者がいらっしゃるかどうかで『お墓』と『納骨堂』と分かれてまいります。

承継者がいらっしゃる場合は、長い目で見ていただいてもお墓の方がよろしいかと思います。

理由として以下が挙げられます。

① 先々の方にも同じお墓を使用していただける

② お墓を建てていただく事で承継して頂くお子様達等が、建墓に必要な費用が無くなり、管理料のみの負担となります。

各ご家庭のご事情によって異なる事もございますが、

①についてはお骨がいっぱいになった場合、古い方からお骨をお墓の中で土に還し新しいお骨を納めていく事ができるので代々使用していただけます。(納骨堂の場合は納められる数が決まっている事が多い。その場合は入れない方は別にお骨を納める場所を探さなければならないので金銭的なご負担も増えてしまう場合がある)

②については納骨堂さんによっては先々建物が老朽化してきた場合など修繕する為のお寄附だったり、管理料でも年間およそ一万円前後の金額をお聞きする事が多いです。(博多霊苑のお墓は新区画16区画1㎡あたり4,000円+消費税)

 

 

霊園

 

承継者がいらっしゃらない場合は、

①承継する家族がいないから将来無縁仏になってしまう

②お参りをしてもらえなくても納骨堂さんによってはお経をあげていただける

といった事から永代供養付きの納骨堂を考えられる方が多いです。

博多霊苑では上記①②のお悩みを解決する為に新しいお墓を作りました。

”永代供養”で安心して頂ける ”期限付供養墓”

バナー1

永代供養 ”期限付供養墓”はこちらからご覧下さい

ポイント

承継者がいらっしゃらない方でもお申込みできます

宗旨・宗派は問わずどなたでもご契約できます

13年間の管理料は一括でお支払いが可能となり安心です

*生前申込みについては年間わずか管理料2,000円+消費税

 

博多霊苑で選べる安心

まずは博多霊苑にご見学ご相談にいらっしゃって下さい。

美しいロケーションをまず見て頂きたいと考えております。

博多霊苑では承継者がいらっしゃる場合はお墓、承継者がいらっしゃらない場合は永代供養の期限付き墓所(またはお墓)といずれの場合もお選びいただけるのですべてのお客様にご安心していただけます。

また管理者も常駐しておりバリアフリー仕様、法要室や休憩ロビーなど長く使用していただく為の設備面でも充実しております。

そういった細かいところや霊苑の雰囲気は実際に見ていただかないと分からない所だと思いますので、ぜひ一度お客様の目で見て感じていただく事をお勧めいたします。

 

LINEで送る
博多霊苑のお墓の購入や霊苑の移転を検討している方へ
ページ最上部へ